? 知っておいてほしいオールインワンゲルのデメリット|無添加オールインワンゲル一覧|肌に優しい!敏感肌でも使える   

無添加オールインワンゲル一覧|肌に優しい!敏感肌でも使える

知っておいてほしいオールインワンゲルのデメリット

化粧水、美容液、乳液、保湿クリームとすべての機能性がひとつになったオールインワンゲルは良いものだと思う人も多いでしょう。
メリット点しかないと思ってしまうのですが、デメリットもあります。
オールインワンゲルを上手に利用していくためにもデメリットについて知っていきましょう。

微調整が難しい

毎日お肌のケアをしていると「ちょっとおかしいな」「ニキビになりそう」と異変を感じることがあると思います。
悪化しないためにもそこでいつもとは違う化粧水を別のものに変えたり、保湿成分が高い美容液を使ったり微調整ができるのですが、オールインワンゲルはそのようなことができません。
オールインワンゲルはすべてのスキンケアがひとつに集まっているためそれぞれの調整ができないのです。
それがデメリットのひとつとなっています。
微調整をすることができないからオールインワンゲルを使えないという人も多いようです。
お肌は日常にも大きく影響することがあるので、微調整ができるようにオールインワンゲルのほかにも揃えておくと良いかもしれませんね。

ひとつひとつの効果が低い

化粧水、美容液、乳液、保湿クリームとそれぞれ敏感肌用やオイリー肌用、保湿効果、アンチエイジング効果などなどさまざまな効果があり、重点的に置いているポイントがあります。
しかし、オールインワンゲルはひとつひとつの効果がとても低くなっているのです。
化粧水に力をいれたくても、保湿効果をクリームで高めたくても効果はあまり期待できません。
ひとつひとつ、それぞれ効果を期待したいのであればひとつずつ購入して使うことがお勧めです。
オールインワンゲルは簡易的な化粧品となっている分、それぞれの効果が低いということを忘れないでおいてください。

お肌が弱い人は注意

オールインワンゲルでも無添加ややさしい成分が入っているものがありますが、機能性は高いのに自分にとっては悪い成分が入っていることもあります。
せっかく理想的な機能性のあるオールインワンゲルでもひとつだけ悪い成分が入っていると使うことができません。
お肌が弱い人はそのような点に注意していかなければならないでしょう。
知っておいてほしいオールインワンゲルのデメリット部分です。

ページトップへ