? 無添加オールインワンゲル一覧|肌に優しい!敏感肌でも使える   

無添加オールインワンゲル一覧|肌に優しい!敏感肌でも使える

無添加のオールインワンゲルなら安全

最近人気になってきているのが無添加のオールインワンゲルです。
無添加は皮膚の害となる成分がまったく入っていないので子供でも安心して使うことができるメリットなどいくつもあります。
化学品や添加物が入っていない分、植物成分・エキスがたっぷり使われているのです。
無添加のオールインワンゲルについて詳しくみていきましょう。

敏感肌にお勧め!

肌が弱い人や敏感肌に無添加オールインワンゲルはお勧めです。
天然由来成分しか入っていないのでお肌にやさしい成分で安心して使うことができます。
比較的、無添加オールインワンゲルは塗り心地もよく、使用感も良いと評判です。
オールイワンジェルは以前まで刺激の強い成分を使っていたのですが、毎日使い続けることでだんだんお肌に悪い成分が蓄積されてしまい、数年後にその副作用が現れてしまうという心配が出てきています。
お肌に直接塗るものなのでよくオールインワンゲルを使うという人は刺激が少ない無添加オールインワンゲルを使ってください。
お肌そのものの機能性を高めてくれる効果ももっています。

無添加でも選び方に注意!

無添加オールインワンゲルには「無添加」「天然成分配合」と記載されていますが、あまりこの言葉に惑わされないようにしてください。
無添加を思わせる成分が記載されていてもお肌に悪影響を与えるものかもしれません。
実際、そのような商品がたくさん発売されています。
無添加オールインワンゲルでもお肌に悪影響される3つの成分は要注意です。
「パラベンフリー」「鉱物油フリー」「界面活性剤フリー」の3つが含まれている無添加オールインワンゲルは避けましょう。
お肌が日焼けしやすくなったり、皮膚炎症を引き起こし、毛穴のバリア機能を崩壊させることもあります。
本物と偽者の無添加オールインワンゲルを見分けることができる知識を持っておきましょう。

成分表を確認する

実際に無添加のオールインワンゲルを購入する前に、ちゃんとお肌にやさしい成分が入っているかどうか確認しましょう。
通販でもさまざまな種類が発売されていますが、ホームページや通販サイトで成分表を確認することができます。
市販で購入する場合はできるだけパッチテストを行ってください。
試供品を手に塗ってみて問題がないかどうかチェックすることも大事です。

オールインワンゲルのメリット

オールインワンゲルのメリットについて解説します。
基本的なスキンケアである化粧水、美容液、乳液、保湿クリームのすべての役割がひとつにまとまっている化粧品がオールインワンゲルであり、ひとつの商品でいくつものスキンケアができるようになっています。
それぞれの役割をひとつにまとめることができた優れた化粧品のひとつです。

時間が短縮できる

毎晩仕事や学校で疲れてきたままスキンケアを一からするのはとても面倒で時間がかかってしまいます。
忙しい人は特に、スキンケアにあまり時間をかけたくありません。
そこでお勧めしたいのがオールインワンゲルです。
オールインワンゲルを使えば、たったひとつで化粧水、美容液、乳液、保湿クリームすべてをすることができます。 10分かかっていたことがたった1分で終わらせることができるのです。
スキンケアにかかる時間を大きく短縮することができます。

併せて使いたい!⇒CCクリームのサイト

費用の節約になる

スキンケアに使う化粧品をそれぞれ購入すると選ぶのに時間がかかりますし、お金が無駄にかかってしまいます。
しかし、オールインワンゲルはひとつだけで良いので値段もかかりません。
ひとつずつ購入するとトータルで5,000円以上かかっていたものが、オールインワンゲル1つ3,000円で済みます。
オールインワンゲルも高いものから安いものまで幅広いです。
費用の節約になるのもオールインワンゲルのメリットとなっています。

面倒なことが1ステップで終わる

毎日洗顔から化粧水、美容液、乳液、保湿クリームとステップごとにケアをしていくことがとても面倒と思っている人も多いでしょう。
オールインワンゲルは何ステップにも及ぶスキンケアがたった1ステップでできる多機能化粧品です。
面倒な作業に感じていたことがたった1つの化粧品で終わらせることができるので非常に利便性の高いアイテムとなっています。
出張先や旅行にも持っていくことができるでしょう。
荷物がかさばるスキンケア商品もたった1つ持っていくだけで良いのです。

オールインワンゲルの正しい使い方

オールインワンゲルには正しい使い方があります。
正しい方法で使っていかなければ、オールインワンゲルとしての効果がまったくありませんし、お肌に逆に悪い影響を与えてしまいます。
使う前に、正しい使い方を一緒に確認していきましょう。

基本的な使い方

オールインワンゲルは商品によって1回の使用量が決められています。
さくらんぼ1個分、ブルーベリー1個分など決められている量を手の平にとり、顔の中心から外側にかけて塗っていきましょう。
おでこ、両頬、鼻、あごとそれぞれ点々とジェルを塗り、そこから外側に向かってマッサージをしながら広げていく方法もありです。
基本的な使い方は、普通の化粧水や乳液といった基礎化粧品を使うようにしていくことです。
使い方は特に特別というわけではないので、そのまま塗っていけば大丈夫です。
ただし、きちんと決められた量で使用してくださいね。
あまりたくさん塗りすぎるのも、量が少なすぎるのも良くありません。
高すぎるオールインワンゲルを買っている人は毎回使うのがもったいないからと少量しか使わないケースがみられます。
少なすぎるのもオールインワンゲルとしての効果が実感できないので要注意です。

朝と夜で使い分ける

朝と夜とでオールインワンゲルの使い方を変えるのも大事なポイントです。
朝にオールインワンゲルを利用する場合は、夜よりも薄く顔全体にのばしていくように使います。
洗顔後にオールインワンゲルを塗り、お化粧をしていきましょう。
お化粧をするときは完全にオールインワンゲルが乾いてから始めてください。
乾かないままお化粧をしてしまうと崩れやすくなり、上手に化粧を施すことができませんし、オールインワンゲルも効力を失ってしまいます。
化粧下地としての成分も含まれているオールインワンゲルを利用すると良いでしょう。
逆に夜は寝ている間に肌の奥にまで吸収させることが大事なので朝よりも多めにじっくり馴染ませるように塗っていきます。
夜塗った分が朝になっても残っているのであれば朝塗る必要はありません。
その日のお肌の状態に合わせて使っていくようにしていきましょう。
また、オールインワンゲルだけではお肌の乾燥を防ぐことができない日もあると思います。
そのような日はオールインワンゲルの上から保湿クリームをプラスしていきましょう。
保湿クリームはできるだけ刺激物が入っていない商品が好ましいです。
自分のお肌と合っていないオールインワンゲルは、塗ったとたんかゆみが出たり、赤くなることもあるのでその場合はすぐに使用をやめてください。

ページトップへ