? オールインワンゲルに含まれている成分とは|無添加オールインワンゲル一覧|肌に優しい!敏感肌でも使える   

無添加オールインワンゲル一覧|肌に優しい!敏感肌でも使える

オールインワンゲルに含まれている成分とは

商品によってオールインワンゲルに含まれている成分は変わってきます。
美容成分や保湿成分といった一般的な基礎化粧品に含まれている成分は大まか入っていると思って良いでしょう。
オールインワンゲルに多く含まれている成分を挙げていきながら効果についてみていきたいと思います。
オールインワンゲルの成分表をみてどの商品を使うのか選択することもできます。

セラミド

最近、オールインワンゲルの多くの商品に含まれている成分が美容成分のひとつである「セラミド」です。
セラミドはお肌の角質の間に存在しており、角質細胞のひとつひとつをつなぎ合わせる接着剤のような役割を担っています。
細胞の間にある脂質の主成分です。
セラミドがあるからこそお肌の潤いが保たれ、毛穴をまもるためのバリア機能をつくることができます。
もともと人間の体内にある成分なので年齢を重ねるたびにセラミドが徐々に失われていき、肌の潤いやハリ・ツヤがなくなってしまうのです。
セラミドを外から吸収し、お肌の潤いを取り戻してくれます。
アトピー肌や敏感肌、乾燥肌にも安心して使うことができる成分です。

ビタミンC

ビタミンCも美容化粧品には欠かせない存在となっています。
抗酸化作用が非常に強い成分であり、お肌の老化を防止することができます。
セラミドはもとから体内に存在していますが、ビタミンCは外から積極的に吸収していかなければ不足状態になってしまいます。
抗炎症作用もあり、アトピーやニキビ改善に役立ち、ハリや潤いを与え、メラニン色素抑制作用からシミ予防にもなる貴重な成分です。
ビタミンCが豊富に含まれているオールインワンゲルはお勧めですね。

ヒアルロン酸

女性が敏感になる言葉として有名な「ヒアルロン酸」は、よく美容化粧品に含まれている代表的な成分です。
多くのオールインワンゲルにも含まれています。
ヒアルロン酸最大の特徴は、その「保湿力」です。
保湿力がとても優れているので基本的なスキンケアを十分に行うことができ、お肌を整えてくれます。

ページトップへ